トップページ

スタッフブログ

こんにちは^^
今月もブログ当番がまわってきました!
飛騨高山で注文デザイン住宅を手掛けています
NOZOMI HOME
4u DESIGN STUDIO
設計デザイナー 水本です
いよいよ飛騨にも本格的に冬の到来ですね・・・
飛騨出身ではない僕にとっては辛い季節となりました。
そんな飛騨では多くの要望を頂きます
『インナーガレージ』
今日はインナーガレージのメリット・デメリットを
お伝えしたいと思います。
『インナーガレージ』
車好きの人であれば、誰しも一度は自慢の愛車を楽しめる素敵なガレージに
憧れを抱いた事があるのでは無いでしょうか?
NOZOMI HOMEでも、ここ最近、家とガレージが一体となった
インナーガレージの要望が増えいます!
そんなインナーガレージの魅力をご紹介致します。
インナーガレージで車とガレージが一体化
車が好きな人にとっては、車は単なる移動手段となる道具ではありませんよね?
そう言った方には、建物と一体になったガレージは、家を購入する上で
憧れるところですよね?
自慢の愛車を楽しむ趣味の空間が演出出来ることで
より家での生活が楽しくなります。
インナーガレージと言っても、色々な形状に分けられます。
家族から離れ一人でメンテナンスや車の鑑賞を楽しむ為に
趣味の空間としたり、方法は1つではありません。
この飛騨では冬の雪対策の為にも
インナーガレージは大きな一役を担ってくれます。
インナーガレージのメリット・デメリット
車好きにとってはメリットしか無いように思える
インナーガレージですが、実はメリット・デメリットがあります。
メリット
雨や、雪の日でも家への出入りや荷物の出し入れが楽になり
雪よけなど行わなくても、すぐに車を出せる事や
車好きの方にとっては、愛車を雨風から守ることで
車の塗装を守り、綺麗な状態を維持してくれるのにも
一役買ってくれます。
洗車も回数も減少しますね!
デメリット
これはあまり知られていないのですが。。。
ガレージの部分は柱が入らない為、通常の工法では
耐震性が低くなる危険性があります。
また、建物内にガレージが組み込まれるため
エンジンの音や排気による汚染も検討しなければなりません。
まとめ
インナーガレージは家と車庫が一体化した合理的な手法です。
しかし、趣味が行き過ぎて自己満足なつくりになるとさまざまな
不都合が生じる事もあります。
家族の理解を得ることや、騒音換気対策をしっかり行い
耐震構造の設計にする事は必須条件です。
インナーガレージはさまざまな条件を満たしてこそ
住まわれる家族にとって最適な『住まい方』になります。
その為にもプランの設計時に、設計士との入念な
ヒアリングと打ち合わせが成功には不可欠です。
自宅で愛車を堪能できる意匠性と
雪国である飛騨には最適なインナーガレージの機能性を
実現させるためにも、決して妥協しないように、
まずは信頼のおける設計士に、夢の生活について
語ることから、インナーガレージのある邸宅づくりを
始めてみては如何でしょうか。
NOZOMI HOMEではインナーガレージのある邸宅を現在建築中です!
春頃には皆様にご見学頂く機会を設ける予定ですので、
ご興味のある方は、弊社スタッフまでお気軽に
ご相談下さいませ。

生涯最高の邸宅を…
NOZOMI GROUP

 水本 善暢 

*********************************
NOZOMI HOMEをもっと知りたい方はこちら!
*********************************

  

*********************************





最新記事

Contact NOZOMI HOMEへの各種お問い合わせ・ご相談

  • 来場予約はこちら - パンフレットや施工例集を差し上げます
  • 今すぐセミナー予約 - 後悔と失敗のない家づくりのために
  • ご相談・お問い合わせ - 土地探しから家づくりまでお気軽に
Top