トップページ

スタッフブログ

こんにちは!
飛騨高山で注文デザイン住宅を手掛けております。
NOZOMI HOME
田口です。

最近はめっきり朝と夜は冷え込むようになってきましたね…

寒いお家に潜む

デメリットについて今日は勉強したいと思います。

①家の中の温かい部屋と比較したときに寒いスペース

例えばリビングから洗面室や脱衣室、

浴室やトイレなど

温度差が生じることで

様々なリスクが発生します。

イギリスの保健省のによると以下のような調査結果が報告されております。

室温5℃

低体温を引き起こすリスク

室温9℃~12℃

血圧上昇・心臓血管疾病のリスク

室温16℃未満

呼吸器系疾患のリスク

室温18℃

許容温度

 室温 21℃

推奨温度


 温かいところから寒いところへ温度差が体への大きな負担となります。

②冬の時期に発生しやすい結露にも実は危険が潜んでいます。

結露が発生する状況というのは、

温かい水蒸気を含んだ空気が冷やされたときに

発生します。

冷たい飲み物の入ったコップに水滴がつくのと同じ理屈ですね。

結露が引き起こす影響として

家電の裏や家具の裏側のような空気が滞るところにカビが発生して、

カビの胞子を吸い込むことによって、

喘息やアレルギーの一因にもなります。


これからの冬の季節に向けてのお家づくり

ご相談、お問い合わせは

こちらから!

0800-2000-774

生涯最高の邸宅を
NOZOMI HOME

*****************************
NOZOMI HOMEをもっと知りたい方はこちら!
*****************************
  
*****************************


最新記事

Contact NOZOMI HOMEへの各種お問い合わせ・ご相談

  • 来場予約はこちら - パンフレットや施工例集を差し上げます
  • 今すぐセミナー予約 - 後悔と失敗のない家づくりのために
  • ご相談・お問い合わせ - 土地探しから家づくりまでお気軽に
Top