トップページ

スタッフブログ

2018.6.9

色の心理学

こんにちは!
飛騨高山で注文住宅を手掛けております
NOZOMI HOME・4UDESIGN STUDIO
住垣ですface01
最近、150色の色鉛筆を購入しましたface05
150色までいくと黄色でも沢山あり、同じに見えてきますface04
もともと絵やデザイン・斬新なものが好きで、
こうゆうものを探し求めてずっと買い物したいくらいですface02

今回は色の心理学に関してですemotion22
色彩が人に及ぼす微妙な影響は、心理学で深く研究されています。
なので昔に遡り今の心理学の基となった色からわかる簡単な性格診断についてお話していきますface02
まずは、

黄色から赤にいたる暖色系の色は
野心の強い熱血漢の気質を表し
政治的指導者や英雄、冒険家が向いているとされていました。

黄色からシアン(青系)の色までの一帯に属する緑系統には
先の事を考えず娯楽を好む気質を当てはめられ
愛人、詩人、芸術家を象徴する色とされます。

シアンから紫にいたる青系統には
優柔不断で臆病なゆえに公正な気質が当てはめられ
歴史家、演説家、教授などへの適性があるとされました。

紫から赤にかかる色には
利己的で孤独癖がある頑固な気質が当てはめられ
哲学者、学者、権威者に向いているとされました。これらが色彩心理学の始まりとなり、
今となっては、様々な芸術分野や心理学の学派に取り入れられどんどん複雑になっていってます。その為今では、デザイン、建築、ファッションなど色彩が
重要の要素となる幅広い芸術分野において決定的な影響をもたらしています。まだまだ色については奥が深いので楽しさはつきませんよemotion20
是非、調べてみてくださいemotion22 ********************************* NOZOMI HOMEをもっと知りたい方はこちら! *********************************
   *********************************






最新記事

Contact NOZOMI HOMEへの各種お問い合わせ・ご相談

  • 来場予約はこちら - パンフレットや施工例集を差し上げます
  • 今すぐセミナー予約 - 後悔と失敗のない家づくりのために
  • ご相談・お問い合わせ - 土地探しから家づくりまでお気軽に
Top