トップページ

スタッフブログ

こんにちは!
飛騨高山で注文デザイン住宅を手掛けております。
NOZOMI HOME
田口です。

今日は木造住宅と鉄骨住宅について勉強したいと思います。

①木造住宅って鉄骨の住宅と比べて弱いんじゃないの?

木と鉄を比べると木は軽い素材です。

鉄は素材自体の強度はとても高いため、地震などの大きな揺れに対して

木よりもねじれたり曲がったりしてしまいます。

一方木はしなる性質から、地震のエネルギーを吸収してくれるという点があります。

イメージでは鉄骨の住宅の場合

一定以上の力が加わると、一気に崩壊する可能性があるのに対して、

木造住宅はしなることで地震などの揺れを吸収した後

形をもとに戻そうと復元力が働き、倒壊しにくいという点もあります。

②万が一の火災のときは…?

木は鉄に比べて燃えやすい素材ではあります。

しかし、太さのある木材というのは

芯まで燃えるのに時間がかかるという点があります。

燃える際に木材の表面は炭化するため、

空気を遮断することで燃えにくくなります。

鉄は不燃性で燃えにくいのですが、

火災の高温にさらされると途端に強度が落ちてしまいます。

強度が落ちた鉄は曲がりやすく、曲がってしまうと一気に倒壊してしまいます。

火災が発生したとしても避難する時間を確保できるのも

木造住宅の利点とも考えられます。

その他にも木造住宅ならではのメリットについては

今月は増税前の家造りについて

今月は4週間連続で相談会を行いますので、

是非nozomi ie’ studio 高山ショールームへ

お越しくださいませ。

生涯最高の邸宅を
NOZOMI HOME

*****************************
NOZOMI HOMEをもっと知りたい方はこちら!
*****************************
  
*****************************

 

 

最新記事

Contact NOZOMI HOMEへの各種お問い合わせ・ご相談

  • 来場予約はこちら - パンフレットや施工例集を差し上げます
  • 今すぐセミナー予約 - 後悔と失敗のない家づくりのために
  • ご相談・お問い合わせ - 土地探しから家づくりまでお気軽に
Top