トップページ

スタッフブログ

こんにちは

飛騨高山で注文デザイン住宅を手掛けております。

NOZOMI HOME

4uDESIGNSTUDIO

nozomi RE home

河地です^^

突然ですが、皆さん

鳥のクチバシってしっかり見たことありますか?


簡単に表すと

『>』

こんな感じで表現できますね(笑)

けど実は鳥のクチバシって

複雑な構造をしていますし、

役割が鳥の種類によって違うんです。

基本的な構造としては

表面はケラチンという角質で覆われ、

それと骨との間には血管と神経が通っています。

よく見ると分かるのですが、

上部に鼻腔(鼻の孔)があり、

普段はそこで呼吸しています。

また、哺乳類や爬虫類、魚類にはある歯が

ほとんどの鳥類にはなく、

代わりに砂嚢(砂肝の部分)でエサを擦り潰して

食事をしています。

そんなクチバシは

鳥の種類によって役割が変わります。

キツツキだったら

木に穴をあけて長い舌で

木の中に潜む虫を食べる役割

ペンギンだったら

ナイフのように鋭いくちばしで

魚を捕まえ、話さない役割

ペリカンだったら

魚をたくさんとらえられるように

下部が伸び縮みするバケツのような役割


哺乳類なら自分の身になって考えられますが、

他の生き物はどんな生き方をしているのか。

気になりますね!^^


*********************************
NOZOMI HOMEをもっと知りたい方はこちら!
*********************************

  
*********************************



最新記事

Contact NOZOMI HOMEへの各種お問い合わせ・ご相談

  • 来場予約はこちら - パンフレットや施工例集を差し上げます
  • 今すぐセミナー予約 - 後悔と失敗のない家づくりのために
  • ご相談・お問い合わせ - 土地探しから家づくりまでお気軽に
Top