トップページ

スタッフブログ

こんにちは!
飛騨高山で新築注文デザイン住宅を手掛けております。
古川製材 NOZOMI HOME
杉浦です。

お盆が過ぎ、日中はともかく陽が落ちてからは
涼しく過ごせるようになってきた気がします。

とはいえまだまだ暑いので、
皆さま熱中症には
十分お気を付けください。

さて、今回は『夏の土地選び』についてのお話です。
土地を探すときはもちろん写真だけで決めずに
皆さん現場に行って見ますよね。
実際の土地を見ながら周辺環境などを
確認していくと思いますが、


夏は思わぬ落とし穴があります。

それは太陽の角度です。
下の図は季節による太陽の角度を表したものです。

小学校の理科で習った覚えのある方も多いと思いますが、
改めて図で見ると夏と冬の差は実に50°弱もあります。

そう、これが落とし穴の正体。
土地の日当たりが良く見えてしまうのです。

『なんだ、そんなこと?』と侮るなかれ。
土地に影が出来ない状態を見てしまうと
これが案外騙されてしまうのです。

特に夏至の頃になると、太陽の角度は78°もあり
南側に3階建ての建物があっても結構日当たりが
良さそうに見えてしまう程です。

同じ土地の日当たりシミュレーションを夏場と冬場で行うと
これぐらいの差がでます。🙄

この差を知らずに夏場の土地を見て
『お、結構日当たりのいい土地!』と勘違いして購入…

本当に日差しの欲しい冬場には影の多さに愕然とする、
なんてことも実際にあり得ます。

こんな悲劇を避けるためにもその時の日当たりだけでなく、
周りの建物や時間帯を変えて再度見てみることも重要!
設計士や住宅会社の人を連れていくのも◎です。

季節によって土地の見え方は違ってくるので、
その特性を理解することがとても大切です。

ご家族やプロの方とも相談して、
後悔しない土地を選んでください!

生涯最高の邸宅を…
NOZOMI HOME








****************
 
****************

最新記事

Contact NOZOMI HOMEへの各種お問い合わせ・ご相談

  • 来場予約はこちら - パンフレットや施工例集を差し上げます
  • 今すぐセミナー予約 - 後悔と失敗のない家づくりのために
  • ご相談・お問い合わせ - 土地探しから家づくりまでお気軽に
Top