NOZOMI HOME

Blog
スタッフブログ

室内ドアのハンドル調整

Kobayashi

2020.03.26

こんにちは!
飛騨高山で新築注文デザイン住宅を手掛けております。
古川製材 NOZOMI HOME
小林です。

室内ドアのハンドルのガタつきの調整方法を紹介します。

ハンドルがガタつく場合は、ハンドルのネジをしめ直してください。
ドアが閉まりにくかったり、閉めた時にガタつく場合は、ラッチ受けの位置を調整してください。
戸襖ドアも同じ手順で調整できます。

1 固定ネジをゆるめる
プラスドライバーを反時計回りにまわします。

2 ハンドルをはずす
ドアの両側からハンドルを持ち、引き抜きます。

3 カバーをはずす
カバーの下部にあるくぼみにマイナスドライバーを差し込んで、カバーをはずします。

4 台座のネジをしめる
台座のネジ(2か所)がゆるんでいる場合は、プラスドライバーを時計回りにまわしてネジをしめます。その際、ハンドルを扉に仮付けし、スムーズに操作できるか確認します。台座が変形しないようにしめ過ぎにご注意ください。

5 ハンドルを取り付ける
カバーの下部にあるくぼみと台座下部のくぼみを合わせ、くぼみが下向きになるよう取り付け、ハンドルをドアの前後から差し込み確実に押し込みます。

6 固定ネジをしめる
プラスドライバーを時計回りにまわします。

といった感じになります。

また紹介させて頂きます。

生涯最高の邸宅を…

NOZOMI HOME

****************
 

****************
Top