NOZOMI HOME

Blog
スタッフブログ

巻きずれ【岐阜県の新築注文デザイン住宅】

2020.12.23

こんにちは!
岐阜県で新築注文デザイン住宅を手掛けております。
古川製材 NOZOMI HOME
小林です

とても地味ですが、生活していると気になる

小さな予備知識をご紹介させて頂きます。

ロールスクリーンを使っているうちに、

スクリーン(生地)が斜めに巻き取られて

竹の子状になる”巻きずれ”という現象が発生することがあります。

”巻きずれ”が起こると、生地がサイドブラケットにあたって、

傷んだり端部がホツれたりしますので、早めに対応してください

ロールスクリーン

対応方法としては、まず”巻きずれ”の原因を調べ、

正しい取付け方法や操作方法を行うようにします。

それでも直らない場合は、「巻きずれ調整用シール」

(あるいは市販のセロテープ等)を使って調整してください。

1・生地を完全に降ろします。

2・アルミ製のパイプの生地が寄ってしまう側と反対側にシールを貼ります。

 

makizure

※1枚で効果がない場合は、2枚3枚とさらに重ねて貼ってください。
※プルコード式の場合、シールを貼った後でストッパーが解除せず、生地が巻き上がらなくなることがあります。
その時は、パイプを手で少しだけ奥側に回して手を離すと、巻き上がるようになります。

Top