トップページ

スタッフブログ

飛騨・高山で新築、注文住宅を手掛けております
古川製材 NOZOMI HOME
生涯最高の邸宅を…
NOZOMI HOMEこんにちは

工務部の岩花です。

今日は床の凹みを直す方法を

伝授しますネ

とは言っても様々な症状があるし、

板材の質によって、上手くいかない場合も

ありますので、その点はご了承下さい。

実は私数十年前からビリヤードを

やっておりまして、玉を突くキューの販売も

副業程度にしておりました時期があります。

キューも木製でカナディアンメープルという

堅い木を10年寝かせてから削り出したもの

もあります。

そんなキューでも不注意で凹ませてしまった

場合に行っていた方法です。

もちろん床板にも応用できます。

乾燥した木材なので湿気を与えれば

自然と膨らみます。

キューの場合はお湯を絞ったタオルを使っていました!

床板の場合はアイロンなんかもイイ手段です。

上記とタオルを使って上手く膨らましてみて下さい。

床板の場合、完全に元に戻ることは難しいとは

思いますが、僅かな凹みなら上手くいくかも知れません。

失敗してあなたまで凹まないで下さいね。
(自己責任で行って下さい)


****************

    
****************

 

最新記事

Contact NOZOMI HOMEへの各種お問い合わせ・ご相談

  • 来場予約はこちら - パンフレットや施工例集を差し上げます
  • 今すぐセミナー予約 - 後悔と失敗のない家づくりのために
  • ご相談・お問い合わせ - 土地探しから家づくりまでお気軽に
Top