トップページ

スタッフブログ

飛騨・高山で新築、注文住宅を手掛けております
古川製材 NOZOMI HOME
小林です。
GWに突入し、もうすぐ5月ですね
高山は最近暖かくなったと思ったら、昨日は寒が戻り、雪も降りました💦
風邪をひきそうです…🤧
まだまだ高山の気候に慣れるのには時間がかかりそうです。
そんな私は、入社して一か月が経ち、仕事も教えていただき、見学会に行かせていただくことも増えました。
毎回、見学会でNOZOMI HOMEのお家に入ると、落ち着く空間だなぁと感じます。
その秘密のひとつには光…つまり照明が関係していました。気になったので、まとめてみました!
照明には大きく分けて「電球色」「温白色」「白色」「昼白色」「昼光色」の5種類があり、
それぞれ室内の印象や物の見え方が変わってきます。
今回は、「昼白色」と「電球色」について話したいと思います。
「昼白色」は人にとって一番身近な太陽の明るさに最も近い自然な光の色で、
部屋はいきいきとした印象の雰囲気になります。
オフィスや、化粧室などに適しています。
ただ、ダイニングや寝室など落ち着きがほしい場所には、あまり適していません。
夜、家に帰っても太陽の明るさに近い昼白色の照明がついていると、
生体リズムを狂わせてしまい、落ち着くことができないんです。
では、ダイニングや寝室などの落ち着きがほしい場所にはどんな照明がいいのでしょうか。
そこで登場するのが「電球色」です💡
「電球色」は暖色系でオレンジっぽく比較的明るさを抑えた落ち着きのある色で、
目も疲れにくくリラックスしたい場所にぴったりなんです。
NOZOMI HOMEの場合は、電球色や間接照明を使い、お子様やご家族が健康的に暮らせる、
落ち着きのある空間を創り上げています。
こんな空間で、リラックスしてみたいです…。
お家づくりをする際には、ぜひ照明もこだわってみてくださいね。
高山のショールームでも、NOZOMI HOMEの空間が体験できますので、ぜひお気軽にお越しください😀
生涯最高の邸宅を…
NOZOMI HOME


****************

    
****************
最新記事

Contact NOZOMI HOMEへの各種お問い合わせ・ご相談

  • 来場予約はこちら - パンフレットや施工例集を差し上げます
  • 今すぐセミナー予約 - 後悔と失敗のない家づくりのために
  • ご相談・お問い合わせ - 土地探しから家づくりまでお気軽に
Top