トップページ

スタッフブログ

飛騨・高山で新築、注文住宅を手掛けております
古川製材 NOZOMI HOME
設計の平岩です。
飛騨では最近火山性地震がよく起きますが、本命は活断層による
直下型地震だと思います。
そこで誰でもできる耐震診断の方法を、国が推奨していますので
お教えます。
ただしこの方法でできるのは、
木造戸建て住宅で1981年(昭和56年)
6月以降 2000年(平成12年)5月以前までに建てられた
専用住宅のみ対象となりますので注意してください。
(この時期の建物は耐震補強をしても、今のところ行政の補助金は
受けられません。)
所有者のチェック項目
平面 立面が比較的整形になっている。
(凹凸が少ない平面、総2階に近い立面4面共)
柱や筋交いを金物で取り付けている。
(カスガイ金物程度ではこれに含まれません)
壁がバランスよく配置されている。
 (日本の家は南側に大な窓を取り北側には少ない事が多い)
劣化のチェック
イ.外壁の状態 ひび、漏水など ない1点 ある0点
ロ.屋根は健全ですか すが漏れ 雨漏りなど ない1点 ある0点
ハ.基礎は健全ですか 亀裂 ひび 錆など ない1点 ある0点
二.室内の床の状態は 床鳴りがある 床が沈むなど ない1点 ある0点
ホ.ユニッバスかタイル張りの浴室Dで 
ユニットバス1点 タイル張りでも特段キレイな状態1点 その他0点
検証・点数
①~③ですべてハイなおかつ④の劣化で4点以上なら倒壊の恐れは少ない、
それ以外①~③で1つでもノーがあるか、④項目の劣化で3点以下の場合、
プロの木造耐震士での検証・診断をお勧めいたします。
もちろん私も耐震診断はできますよ。
生涯最高の邸宅を…
NOZOMI HOME


****************

    
****************


最新記事

Contact NOZOMI HOMEへの各種お問い合わせ・ご相談

  • 来場予約はこちら - パンフレットや施工例集を差し上げます
  • 今すぐセミナー予約 - 後悔と失敗のない家づくりのために
  • ご相談・お問い合わせ - 土地探しから家づくりまでお気軽に
Top